コンティニュアス・ビルド・インプルーブメント

ファースト・タイム・クォリティ(First Time Quality)を実現する無駄のない改善

「コンティニュアス・ビルド・インプルーブメント」では、工場管理者は可視性の改善と24時間365日のオペレーション・コントロールにより、製造プロセスを改善できます。

継続的な改善をサポートし、工場管理者と製造エンジニアは、関連するすべての製造データの高度な解析を通して無駄を排除できます。 解析では、製造KPI、メトリック、その他のデータを含むオンライン分析処理(OLAP)キューブを使用します。 この製造ビッグ・データに即座にアクセスできると、予防措置を取り、継続的に生産を最適化し、不適合の問題を回避することで、初期品質の向上が促進されます。

「ビルド・トゥー・オペレート」インダストリ・ソリューション・エクスペリエンスの一部である「コンティニュアス・ビルド・インプルーブメント」により、メーカーは以下のような改善を通じ、初期品質の向上を追求できます。

  • 製造上の欠陥を最大25%削減
  • 欠陥解析のサイクル時間を最大75%短縮
  • 製造能力を最大20%増大

主な特徴とメリット

  • 作業現場のデータを監視して、廃棄や手直しを事前に防止することで、品質問題が発生するリスクをリアルタイムで検出、低減、回避する
  • 複合材料や積層造形上の欠陥の根本原因を特定して回避。さらに作業現場のデータの分析により、以前は原因不明だった空洞や層間剥離による欠陥を検出
  • モノのインターネット(IoT)、認定や作業現場の分析に使用されるジョブ関連データを収集するスマート・デバイスなどを使用した継続的な改善など、リーン・プラクティスを実施
  • 生産ラインのパフォーマンス分析、シミュレーションされた「再現」環境で得られた警告および失敗情報を使用して、生産ライン自動化のパフォーマンスを検証、制御、改善。「未来の工場」に必要な全ての機能を搭載。