ビルド・コントロール

製造オペレーションを正確にコントロール

モノのインターネット(IoT)で、必要なあらゆるデータが工場管理者に提供され、自動化された製造オペレーションの完全なビューとコントロールをリアルタイムに提示します。 この機能により、製造部門の責任者は1つの拠点からグローバルな材料供給、ロジスティックス、生産業務管理を行い、それをすべての拠点で実行できます。

オペレーションの可視性(工場単体、複数の工場全体とちらも対応)により、業績目標との整合が容易になります。 「ビルド・トゥー・オペレート」の一部である「ビルド・コントロール」を使用して、製造部門の責任者はペーパーレス、完全なトレーサビリティを確保した状態で生産を管理でき、単なるERPデータよりも、より構造化された情報を活用できます。

主な特徴とメリット

  • グローバルなリーン製造システムを導入してプログラムの収益性を高める
  • 1拠点または世界中の複数拠点の製造オペレーションをグローバルかつリアルタイムに可視化、制御することで、プログラムのオペレーション管理と柔軟性を向上
  • 製造フェーズにおける、ひと、プロセス、設備、製品のすり合わせをおこない、手順管理を強化