• Share
  • Facebook
  • Twitter

新鮮な水を貯蔵する山

多くの国々で飲料水は貴重な資源となっています。21世紀の今日、世界にはきれいな水を飲むことのできない人々が10億人近くもいます。また、水処理施設のない人々は25億人以上にのぼります。このような事情から、世界中の研究者たちが飲料水を生み出す方法を模索していますが、実は、今までに使われたことのない、新鮮な水の巨大な貯蔵タンクがあるのです。

野生生物が生息する海氷の塊である氷盤と異なり、氷山は新鮮な水を貯蔵しています。南極/北極の氷河や棚氷から分離した氷山は、溶けてなくなるまで海洋を漂流します。毎年、何千トンもの氷山が海に流れ出していますが、そのなかに含まれている新鮮な水は、いずれすべて海水に溶けて失われる運命にあります。ということは、私たちは貴重な飲料水をそれだけ失っているということになります。

科学ドキュメンタリー番組をご覧ください

Watch the scientific TV documentary and have a chance to win the blu-ray edition

関連情報

Giants of ice

The biggest Arctic icebergs weight more than 30 million tons.