• Share
  • Facebook
  • Twitter

生涯の夢

氷山に含まれる新鮮な水を利用できないかというアイデアは新しいものではありません。その発端は1950年代の米陸軍による研究プロジェクトに遡ります。1970年代には有名なフランス人極地探検家ポール=エミール・ビクトールとその友人である国立工芸院エンジニアのジョルジュ・ムージャンがサウジアラビアのモハメド・アル・ファイサル王子と出会ったことにより、大きな進展を迎えました。1977年にアイオワ州で開催された初の氷山利用についての国際会議には著名なエンジニア、科学者、軍関係者、政府関係者、報道関係者など2千人が集いました。

しかし、技術的難題を解決するのは容易なことではありませんでした。実験には天文学的な予算が必要で、テクノロジーの進歩もまだ十分ではありませんでした。その後、この大胆な発想に対する興奮も冷め、科学者たちはもっと地道で現実的な、それほどコストのかからないプロジェクトを行うようになりました。

科学ドキュメンタリー番組をご覧ください

Watch the scientific TV documentary and have a chance to win the blu-ray edition

ギャラリー