第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー ~ユーザー事例紹介~

On October 21, 2014
秋葉原 UDX 6F(受付 6F)
〒101-8973 東京都千代田区外神田4丁目14-1 /東京 Japan
Japanese

ネオリウム・テクノロジー株式会社は、10月21日(火)東京にて「第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー」を開催いたします。

昨今、制御設計・開発の分野において、モデルベース開発(MBD)が広く普及してきましたが、MBD には適切な物理システムのモデルが必要です。そしてまた最近では、物理モデリングに適したマルチドメイン・モデリング言語として「Modelica」が注目されています。

ネオリウム・テクノロジーでは、Modelica 言語をベースとした「Dymola」やモデル交換規格である「FMI(Functional Mock-up Interface)」について、皆様のお仕事の一助となるような情報をお届けできるように昨年に続き本セミナーを企画致しました。

基調講演ではDymola、Modelicaの開発者であるDassault Systemes AB社 CTO Dr. Hilding Elmqvistを迎えて、Dymola/Modelica/FMIを含んだ最新情報についてご講演頂きます。また、今回はユーザー様の開発事例と致しまして、慶應義塾大学大学院 西村様、株式会社エクセディ 山梶様、トヨタ自動車株式会社 平野様をお迎えしてご講演頂きます。   そして、最後のセッションでは、dSPACE Japan 株式会社 清水様より FMI などを用いたモデルベース開発のツールチェーンについてご紹介頂きます。   

モデルベース開発にご興味をお持ちのお客様のお申込み、ご参加をお待ちしております。

  • 2014年10月21日(火) 13:30~17:35 (13:00開場)予定
  • 秋葉原 UDX 6F(受付 6F)
     〒101-8973 東京都千代田区外神田4丁目14-1 

詳細・お申し込みは、ネオリウム・テクノロジーのイベントページをご覧ください。

第2回 Dymola/Modelica/FMIセミナー ~ユーザー事例紹介~

所在地 秋葉原 UDX 6F(受付 6F)
〒101-8973 東京都千代田区外神田4丁目14-1
/東京
Japan

秋葉原 UDX 6F(受付 6F)
〒101-8973 東京都千代田区外神田4丁目14-1
/東京