2014秋 製造業革新セミナー
グローバル時代の設計改革へのロードマップ ~設計改革を成功に導く標準化プロセス実践編 (名古屋)

On November 07, 2014
ミッドランドホール
〒450-6205 
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア Japan
Japanese



 グローバル市場で製品競争力を高め、コスト競争力を強化するには不可欠な設計改革。それには、企業の資産である技術力を見える化し、定量化することが重要です。

また、設計の効率化と設計を高度化する仕組みを構築することで、収益性の向上に貢献します。

本セッションは、6月に開催しました「グローバル時代の設計・開発におけるコスト・マネジメント ~正しい設計改革の進め方」の続編として、引き続き株式会社プリベクト代表の北山氏をお招きし、設計改革を成功に導く標準化プロセス、それを支える技術情報基盤についてご講演いただきます。

どの単位に標準化したらいいのかよく分からない、諸元管理をするにしてもどのレベルで実施すればいいの?といった標準化を推進する上での課題や、共通化・標準化が進むことで複雑化・煩雑化する設計変更のコントロール、設計力を高めるためのBOMついてご紹介します。

  • 会       期 2014年11月7日(金)13:30~ (受付開始:13:00)
  • 会       場 ミッドランドホール (名古屋)
  • 主       催 ダッソー・システムズ株式会社
  • 協       賛 エスツーアイ株式会社
  • 入  場  料  無料
  • 来場対象者 製造業の研究・開発・設計・技術管理部門の方、
             原価・企画部門の方、
             情報システム部門の方、
             経営改革・業務改革に携わっている方

講師略歴
プリベクト代表 北山一真氏

技術経営コンサルタント。 IT系コンサルティング会社、製造業系コンサルティング会社ディレクターを経て、プリベクトを設立。設計と原価の両側面から抜本的な企業変革を取り組む。設計標準化/高度化、MD、製品開発マネジメント、原価企画/原価見積、管理会計などを得意とする。


【所属】

・東京大学ものづくり経営研究センター ものづくり管理会計研究会員

・日本モジュラーデザイン研究会員

・日本管理会計学会員

・日本原価計算研究学会員

・日本組織会計学会員

・J-Cost 研究会員

【著書】

 ・赤字製品をやめたら,もっと赤字が増えた!儲かる製品を実現するコスト・マネジメント(日刊工業新聞 2009 年)

 ・ものづくり復活の会計術(日経BP 社 ものづくりTech-on 2010 年-)

 ・再考・原価低減 コストのわかる設計者になろう(日刊工業新聞社 機械設計 2010 年-2011 年)

 ・ITアーキテクトのやってはいけない 第4章業務分析、要件定義(執筆協力 日経BPムック 2011年)

 ・プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」 (執筆協力 日経BP社 ITpro 2012年) など多数

プログラム

13:30-13:35

 オープニング

 ダッソー・システムズ株式会社

13:35-16:15

(15:00 - 15:15 休憩)

 特別講演
 「強い設計への変革 - 設計改革へのシナリオと実践のための方法論」

グローバルを勝ち抜く競争力をつけるには、設計改革は不可説です。巷には様々な設計のあるべき論が語られていますが、あるべき論を掲げただけでは改革は進みません。改革は、適切なロードマップや効果の出るシナリオを描けるかが重要な点になります。何から手を付けるべきか?最終的にはどこを目指すのか?経営層へどう投資対効果を報告するか?どのように設計部門を巻き込むか?そのシナリオが大切なのです。設計業務改革/技術伝承/設計標準化/グローバル設計/部品共通化など今こそ行うべき設計改革の道筋を解説します。

セッション後半は、グローバル時代の設計改革を支える情報基盤について、ダッソー・システムズよりデモを交えてご紹介します。

 

 プリベクト 代表 
 北山 一真 様

 ダッソー・システムズ株式会社
 3DSバリューソリューション事業部
 営業技術部 シニア・マネージャー
 鈴木 好徳

16:15-17:00

 「S2Iがご提案するE-BOMとその活用による効率化 ~そもそも部品表(BOM)って?~」

 “EBOM”を 技術(検討用)部品表、統合部品表、機能別部品表という側面に加えてS2Iの提唱するEBOMについてご紹介します。さらに、このEBOMを中心にした生産準備活動改善実現の方法論とメリットをご説明いたします。

 

 エスツーアイ株式会社
 ソリューション推進センター 営業部
 安藤 泰明 様

*プログラム内容は、予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

お申込み

2014秋 製造業革新セミナー
グローバル時代の設計改革へのロードマップ ~設計改革を成功に導く標準化プロセス実践編 (名古屋)

所在地 ミッドランドホール
〒450-6205 
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア
Japan

ミッドランドホール
〒450-6205 
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア