Bausch + Lomb

United States Website:http://www.bausch.com/

白内障手術の切開幅は術後の視力障害に直接関係するため、ニューヨーク州ロチェスターの Bausch + Lomb 社のエンジニアは、切開幅を約 1 mm に抑えるという意欲的な目標を立てました。これは現行の最小切開幅のほぼ半分の大きさです。

課題

製品、プロセス、さらには術後の視力まで改善するには、非常に複雑な白内障手術の過程にどのような設計エンジニアリング問題が関係するのかを理解する必要がありました。

ソリューション

SIMULIA の Abaqus FEA は、高度な非線形大変形問題や自己接触問題を解くことができ、実測不能な複雑な生物医学アプリケーションも可視化できるようになります。

メリット

白内障手術に用いられるレンズ、ツール、そしてプロセスのシミュレーションによって、製品設計サイクルが短縮され、開発コストが削減され、製品性能だけでなく手術結果も改善されました。