発電業界の大手グローバル企業である Alstom 社は、革新的技術ならびに環境に配慮した技術開発に数々の基準を打ち立てています。

課題

許容応力限界を超えることなく、蒸気タービンの高速起動を実現することで、エネルギー生産量と生産効率を最大限に高めることが求められていました。

ソリューション

Alstom 社は、蒸気タービンのローター設計を最適化し、起動時間を短縮するとともに運用の柔軟性を高めるため、SIMULIA の Abaqus FEA と内製ツールを組み合わせて使用しました。

メリット

リアリスティックシミュレーションとプロセス自動化をうまく結合させることで、手動による反復作業が排除され、設計サイクル時間が 50% 削減されました。そして最終的に、コストの低減、起動時間の短縮、および製品の信頼性と効率の向上が実現されました。