沿革

デジタル・モックアップから3Dエクスペリエンスへ

1981 - 1997年

Year All
  • 1997年
  • 1996年
  • 1995年
  • 1994年
  • 1993年
  • 1988年
  • 1986年
  • 1984年
  • 1982年
  • 1981年
1997年 - 設立されて間もない SolidWorks を買収

1997年 - 設立されて間もない SolidWorks を買収

設立されて間もないSolidWorksの買収により3次元設計ソフトウェアの製品ラインを拡充し、3D市場に進出。Windows ネイティブのアーキテクチャに基づく当製品で、主に2Dから3Dへの移行をターゲットとした市場機会を捉える。

1997年 -  SolidWorks のマーケティング、販売、サポートを中心とするチャンネルを形成

1997年 - SolidWorks のマーケティング、販売、サポートを中心とするチャンネルを形成

1997年 - 企業組織を2つの事業部門に編成

1997年 - 企業組織を2つの事業部門に編成

企業組織を2つの事業部門に編成。プロセス中心(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)部門ではお客様企業の製品開発プロセスを一貫してサポートし、設計中心(メインストリーム / SolidWorks)部門では3次元設計環境での製品設計を支援

 

1996年 - パリ証券取引所において新規株式公開およびナスダックに上場

1996年 - パリ証券取引所において新規株式公開およびナスダックに上場

パリ証券取引所において新規株式公開およびナスダックに上場(2008年に自主的にナスダック上場廃止)

1995年 - ベルナール・シャーレスがダッソー・システムズ社長兼最高経営責任者に就任

1995年 - ベルナール・シャーレスがダッソー・システムズ社長兼最高経営責任者に就任

1994年 - 対応業界を7業界に拡大

1994年 - 対応業界を7業界に拡大

製造・組立、消費財、ハイテク、造船、エネルギー業界を加え、対応業界を7業界に拡大。

1994年 - 東京にダッソー・システムズ株式会社 (DS K.K.) を設立

1994年 - 東京にダッソー・システムズ株式会社 (DS K.K.) を設立

1993年 - バージョン 4

1993年 - バージョン 4

バージョン 4 にて導入された新しいテクノロジーにより、製品の完全なるデジタル・モックアップが可能となる。物理プロトタイプ作成の必要性が大幅に削減され、仮想現実による製品の完全把握が実現化

1988年 - CATIA バージョン 3 を発表、UNIX / メインストリーム・プラットフォームでAEC機能を提供

1988年 - CATIA バージョン 3 を発表、UNIX / メインストリーム・プラットフォームでAEC機能を提供

1988年 - CATIA が世界をリードする自動車設計向けアプリケーションとなる

1988年 - CATIA が世界をリードする自動車設計向けアプリケーションとなる

1984年 - Boeing 社をCATIA ユーザーとして獲得

1984年 - Boeing 社をCATIA ユーザーとして獲得

1984年 - CATIA が世界をリードする航空機設計向けアプリケーションとなる

1984年 - CATIA が世界をリードする航空機設計向けアプリケーションとなる

1984年 - 2Dと3Dの機能を統合したCATIA バージョン 2 を導入

1984年 - 2Dと3Dの機能を統合したCATIA バージョン 2 を導入

1982年 - 3次元設計、サーフェス・モデリング、NCプログラミング向けアドオン製品としてCATIA バージョン 1 を導入

1982年 - 3次元設計、サーフェス・モデリング、NCプログラミング向けアドオン製品としてCATIA バージョン 1 を導入


1981年 - 大手自動車メーカー(BMW、メルセデス・ベンツ、ホンダ)との連携開始

1981年 - 大手自動車メーカー(BMW、メルセデス・ベンツ、ホンダ)との連携開始

1981年 - IBMと世界的規模のマーケティング、販売、サポート契約を締結。長期におよぶパートナーシップの始まり。

1981年 - IBMと世界的規模のマーケティング、販売、サポート契約を締結。長期におよぶパートナーシップの始まり。

IBMの製品管理ソフトウェアの買収により、CATIA製品データの管理を中心とするENOVIAブランドを創設

1981年 - ダッソー・システムズを代表するブランド CATIA を発表

1981年 - ダッソー・システムズを代表するブランド CATIA を発表

1981年 - ダッソー・アビアシオン(Dassault Aviation)のエンジニア集団をスピンオフし、3Dによる製品設計技術を提供する企業ダッソー・システムズを設立

1981年 - ダッソー・アビアシオン(Dassault Aviation)のエンジニア集団をスピンオフし、3Dによる製品設計技術を提供する企業ダッソー・システムズを設立